医療サービス

医療サービス


在宅医療


★まずは、ご相談ください!

在宅医療中の患者さんのもとへ医療品を届け、管理することを訪問薬剤管理指導といいます
かちどき薬局では、訪問薬剤管理指導を承っておりますので、お気軽に店舗へご相談ください

★在宅訪問薬剤管理指導

在宅での療養を行っている患者さんであって通院が困難な方に対して、
処方医の指示に基づき、作成した薬学的な管理計画に基づき患者様のお宅に訪問して、
薬歴管理、服薬指導、服薬支援、薬剤の服薬状況・保管状況及び残薬の有無の確認などを行い、
訪問結果を処方医に報告することまでを含む業務を言います
対象者が要介護認定を受けている方の場合は、ケアマネジャーにも訪問結果の概要を情報提供します

★薬剤師の役割

薬剤師の役割は以下の通りです
Step1 薬をきちんと飲めるように支援すること(服薬支援)
Step2 患者さんの状態を効果と副作用の両面からチェックすること(体調チェック)
Step3 得られた情報を多職種にフィードバックし、ADLとQOLの向上に関わること(多職種連携)

★ご利用になる対象となる方

・通院、来局が困難な方。(歩行困難、認知機能低下等で介助が必要など)
・通院はできるが認知症が始まりかけた方や高齢の単身生活者で服薬の見守り者が
 いない方など服用を忘れてしまうことが多い方
・訪問薬剤指導が必要であると医師が認め、薬剤師に対して訪問指示があること
・訪問薬剤指導のご利用に対し、患者様(ご家族)の同意があること

★訪問薬剤管理指導までの流れ

1.医師の指示やケアマネジャーやかかりつけの薬局からの提案から始まります
2.訪問薬剤管理指導についての説明や患者様やご家族の意思を確認して
  契約書を取り交わします
3.処方医から処方せんが発行されて、訪問薬剤管理指導が開始します

★訪問薬剤管理指導の流れ

1.薬剤師がご自宅までお薬をお届けに伺います
  ー薬局の薬剤師が処方せんに基づいて調剤し、お薬をお届けします
   患者さんやご家族の方が薬局に行かなくても良いので便利です
2.患者さんのお薬の服薬状況や生活状況について確認します
  -患者さんのお薬の使用状況・効果・副作用や体調・生活状況などを確認し、
   ご家族にもお話を伺います
   これは、患者様の症状や生活状況などに合ったお薬を使用し、
   治療効果を高めるためです
   患者さんの状況を確認した上で、処方医師にお薬の種類や用法・用量などについて
   ご提案させて頂くこともあります
   その後、今回処方されたお薬のご説明・お渡しをして、次回の訪問日を確認します
3.処方医やケアマネジャーへの報告
  -処方医師やケアマネジャーに報告して情報共有をします
   患者様が安心して介護サービスを受けられるようにするため情報共有は大切です

★費用

お薬代の他に薬剤師の訪問に係る費用が必要になります

  点数 1割負担 2割負担 3割負担
単一建物居住者1人 509単位 509円 1,018円 1,527円
単一建物居住者2人~9人 377単位 377円 754円 1,131円
それ以外の場合 345単位 345円 690円 1,035円

★まずは、ご相談ください!

在宅医療中の患者さんのもとへ医療品を届け、管理することを訪問薬剤管理指導といいます
かちどき薬局では、訪問薬剤管理指導を承っておりますので、お気軽に店舗へご相談ください

★在宅訪問薬剤管理指導

在宅での療養を行っている患者さんであって通院が困難な方に対して、
処方医の指示に基づき、作成した薬学的な管理計画に基づき患者様のお宅に訪問して、薬歴管理、服薬指導、服薬支援、薬剤の服薬状況・保管状況及び残薬の有無の確認などを行い、訪問結果を処方医に報告することまでを含む業務を言います
対象者が要介護認定を受けている方の場合は、ケアマネジャーにも訪問結果の概要を情報提供します

★薬剤師の役割

薬剤師の役割は以下の通りです
Step1 薬をきちんと飲めるように支援すること(服薬支援)
Step2 患者さんの状態を効果と副作用の両面からチェックすること(体調チェック)
Step3 得られた情報を多職種にフィードバックし、ADLとQOLの向上に関わること(多職種連携)

★ご利用になる対象となる方

・通院、来局が困難な方。(歩行困難、認知機能低下等で介助が必要など)
・通院はできるが認知症が始まりかけた方や高齢の単身生活者で服薬の見守り者がいない方など服用を忘れてしまうことが多い方
・訪問薬剤指導が必要であると医師が認め、薬剤師に対して訪問指示があること
・訪問薬剤指導のご利用に対し、患者様(ご家族)の同意があること

★訪問薬剤管理指導までの流れ

1.医師の指示やケアマネジャーやかかりつけの薬局からの提案から始まります
2.訪問薬剤管理指導についての説明や患者様やご家族の意思を確認して契約書を取り交わします
3.処方医から処方せんが発行されて、訪問薬剤管理指導が開始します

★訪問薬剤管理指導の流れ

1.薬剤師がご自宅までお薬をお届けに伺います
 ー薬局の薬剤師が処方せんに基づいて調剤し、お薬をお届けします
患者さんやご家族の方が薬局に行かなくても良いので便利です
2.患者さんのお薬の服薬状況や生活状況について確認します
 -患者さんのお薬の使用状況・効果・副作用や体調・生活状況などを確認し、ご家族にもお話を伺います
これは、患者様の症状や生活状況などに合ったお薬を使用し、治療効果を高めるためです
患者さんの状況を確認した上で、処方医師にお薬の種類や用法・用量などについてご提案させて頂くこともあります
その後、今回処方されたお薬のご説明・お渡しをして、次回の訪問日を確認します
3.処方医やケアマネジャーへの報告
 -処方医師やケアマネジャーに報告して情報共有をします
患者様が安心して介護サービスを受けられるようにするため情報共有は大切です

  点数 1割負担 2割負担 3割負担
単一建物居住者1人 509単位 509円 1,018円 1,527円
単一建物居住者2人~9人 377単位 377円 754円 1,131円
それ以外の場合 345単位 345円 690円 1,035円